いびきが五月蠅いと言われたら防止グッスを使用しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

いびきの改善に枕選び

横になる女性

約2000万人がいびき

日本人の約2000万人はいびきをかいていると言われています。いびきは快適な睡眠を妨害することによって、日常生活でも集中力不足に陥ることもあります。また心臓に負担をかけるため、決して侮るものではありません。そして、2000万人のうちの200万人ほどが睡眠時無呼吸症候群かその疑いがあると言われています。実は枕を変えることで改善する可能性が高いです。そもそも、いびきというのは気道が圧迫されて空気の流れが途絶えることで起きます。肥満にいびきが多いのは脂肪で気道が圧迫されているからです。一方、枕の高さによっては、気道が曲がってしまいそれがいびきとなります。そのため、理想の枕の高さにすることによって、改善されるわけです。

気道をまっすぐにする枕

その理想の枕の高さの目安は寝たときの顎の位置にあります。仰向けに寝たとき、低すぎる枕は顎が上を向いてしまい、高すぎると顎が下を向いてしまいます。どちらも気道を曲げてしまうため圧迫させてしまい、それがいびきの原因です。一方、高すぎず低すぎない理想の枕では、顎の位置は立っているときと同じ位置にあります。そのときがちょうぞ気道が真っ直ぐで空気の出入りもスムーズです。枕選びのときは立っている姿勢も知っておくと良いです。楽に呼吸ができるため、快適な睡眠を実現することができ、日常生活も充実しやすくなるはずです。人生の多くは睡眠時間に費やされるからこそ、理想の枕を手に入れて利用することは、生活を豊かにするためにも必要不可欠な要素だと言えます。